フランスやイタリアなど海外ワインの有名な産地

フランスやイタリアなど海外ワインの有名な産地

水の恵みのある日本とは違い、海外では水はとても貴重なものです。そのため飲料水の代わりとしてワイン造りが盛んですが、特にヨーロッパのフランスやイタリアなどでは数々の有名なワインが誕生しています。 フランスはワインの産地の代名詞と言われるほど盛んに造られており、有名な産地といえばボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュもあげられます。種類の豊富さだけでは無く、細かく決められた格付けをされることで、一定の品質を保っています。フランス産は外国産の中では鉄板といえるほど安心してお勧めできるものが多いです。 イタリアでも恵まれた気候によって多くの地域でワインを生産していますが、特に有名どころなのはピエモンテ州です。フランスとはブドウの育て方に違いがあり、複数種を育てるフランスに対して単一種を育てるのがイタリア流です。明確な格付けこそないものの、アルプスの麓であるピエモンテ州には王様と呼ばれるバローロがあり、愛飲家を喜ばせています。

山梨でも美味しいワインを飲むことはできる

山梨県はフルーツを沢山栽培しているような特徴がありますから、日本のワイン生産発祥の地としても有名です。数十社以上のワイナリーが存在しますから、国内の2割程度のワインを生産しているような特徴があります。海外でも権威があるコンクールなどで受賞をしているような実績もありますから、国産でも美味しく飲むようなことは難しくないです。そのため山梨県ではワイナリーをめぐるような旅行を楽しむこともできますから、いろいろなワインを飲み比べてみると楽しいかもしれません。 ワイナリーではスタッフが歴史などを教えてくれるようなケースもあるので、国産のワインが誕生した流れなどを正確に理解することができる可能性も高いです。原料になるぶどうの収穫時期には、収穫祭が開催されるようなケースもありますから、そのようなタイミングで遊びに行ってもいいかもしれません。コンクールなどが地元で開催されている特徴があるので、コンクールの情報などもチェックしてみると商品を購入するときの参考になるはずです。