もっとワインを楽しもう!種類や産地・美味しい味わい方・最適な保管方法などワインの豆知識を紹介!

このサイトでは、ワインをもっと楽しむためにいろいろな豆知識をお伝えしています。
種類や産地のほか、美味しく味わう飲み方や正しい保管方法などが分かります。
フランスやイタリアといった海外の産地について紹介すると共に、どの料理にどんな種類が合うのかも学びましょう。
その料理に合うお酒を使うことで、よりいっそう良い味に仕上がります。
またイベントやデート、記念日などシーン別におすすめの種類も解説します。
知識を得ることで、ますます愛着が湧くことでしょう。

もっとワインを楽しもう!種類や産地・美味しい味わい方・最適な保管方法などワインの豆知識を紹介!

ワインは健康と美容にも良いお酒であることが分かっています。
主成分であるポリフェノールは抗酸化作用が高く、体内の活性酸素の増加を抑制してくれます。
活性酸素は老化の原因となるため、ポリフェノールを摂取すればアンチエイジング効果を得ることができるのです。
血管や肌を若返らせる力があるというわけです。
こうした効能を上手に活用して、美味しいワインで健やかになりましょう。
お酒なので過剰摂取は良くありませんが、適度にたしなむことでプラスになると言えます。

そもそもワインはどのようなお酒?

ワインはぶどうが原料の醸造酒で、簡単にいうとぶどうそのものがお酒に変化した自然でできたアルコールです。
ぶどうの出来がそのままダイレクトに品質に左右しますので、毎年毎年の出来具合が重要になってきます。
穀物などで作られた他のお酒は糖分を含んでいないのでそのまま置いておいてもお酒になることはありませんが、ぶどうは糖分が含まれているので潰して置いておくだけで発酵してお酒になります。
歴史を見てみるとワインは人類が親しんだ最古のお酒とされており、紀元前2000年頃のエジプトのピラミッドからも栽培を描いた壁画が見つかっています。
他のアルコールに比べて作る工程が少なく、酵母も皮に自然に付着しているため、ぶどうを放置すれば自然にワインになると言われ古くから親しまれたようです。
作り方は、①収穫②発酵③圧搾④樽熟⑤瓶詰め⑥瓶内熟成となっています。
赤・白・ロゼなどの種類がありますが、これは工程の違いで色や味が変わってきます。
ワインは果実そのものの自然の恵みを味わえるとても素晴らしいものです。

ワインと葡萄酒は同じお酒?両者の違いとは?

ワインは日本でも多くの人に親しまれているお酒になりますが、原材料はぶどうになってきます。
専用のぶどうを栽培している産地も存在しますから、そのような産地によって商品のグレードが決まってくるような特徴もあります。
似たような存在にぶどう酒がありますが、基本的にワインと同じお酒だと考えて問題ないです。
ワインはぶどうを圧搾して発酵させた商品になってきますが、ぶどう酒も同じように発酵させて作るのでネーミングが違うだけで同じ存在になってきます。
ぶどう以外でも圧搾して発酵させることでお酒にすることができますが、そのような果実酒をフルーツワインというネーミングで呼ぶことがあります。
豆知識として持っておくと役立つかもしれませんし、いろいろなフルーツが発酵したお酒を飲み比べしてみると面白いかもしれないです。
味わいには確かな違いがありますし、かなり種類豊富なフルーツがお酒になっているので、各自の口にあう商品が必ず存在すると考えられます。

「赤」や「白」などワインには色々な種類がある

ワインには赤や白といった種類がありますが、これらは使われている原材料に違いがあります。
赤ワインの原材料は黒ブドウです。
果実を皮や種ごと使用し、20~30度の温度で発酵させたら圧搾し、熟成させることで製造されます。
丸ごと使用するので皮の色が染み出していき、赤い色となるのです。
一方で白ワインは、白ブドウを使用します。
発酵させる前に圧搾して果汁を抽出するのが異なるポイントです。
果汁のみを15~20度の低温で発酵させて作られるために皮の色が出てくることがなく、白い色合いになります。
また、ピンク色をしたロゼワインと呼ばれる種類もあります。
ロゼは黒ブドウを丸ごと発酵させる際に、ほどよく色づいたタイミングで果汁のみを取り出すマセレーション法で作られることが多いです。
他にも、黒と白の果実を混ぜてからマセレーション法で作られる混醸法、黒ブドウを先に圧搾してから果汁のみ使用する直接圧搾法といった製法もあります。

炭酸入りのスパークリングワインの魅力

炭酸入りのスパークリングワインを購入すると普通の種類よりも、爽快感を味わうことができますから夏などに飲むと爽やかな気持ちになることができるはずです。
スパークリングワインはリーズナブルな価格で購入することができる商品も少なくありませんから、爽快感を味わいたいような場合は積極的に購入をすることができます。
基本的におつまみや料理などがなくても飲みやすい特徴がありますから、スムーズに喉を潤したいときに選ぶと安心です。
お酒が苦手な人でも飲みやすいような特徴もあるので、女性などでも好んで飲んでいる人が少なくありません。
スパークリングワインにもいろいろな種類がありますし、フルーツの味わいを楽しむことができるような商品もあります。
自分でフルーツなどを入れて飲むようなこともできますから、ジュースに近い感覚で味わうことが可能です。
いろいろな場面で活用することができるので、スパークリングワインには多くの魅力があります。